JPX
「森林再生」

不動産特定共同事業法に基づく不動産投資商品

東証上場企業ティーソン 国産材活用住宅の供給によるまちに森をつくる社会貢献型の不動産ファンド

東証上場企業TSONは2011年より戸建て住宅に特化した不動産ファンド事業に宅地情報提供と住宅建築企業として参画をしてきました。

尾張元気ファンドトラスト・ツー 尾張元気ファンドトラスト・スリー 森林再生ファンド第1号 森林再生ファンド第2号 森林再生ファンド第3号

総額9億6,800万円

戸建て住宅を通じて国産材を活用することで
衰退する日本の林業をサポートする日本の森林再生に貢献する
社会貢献型不動産ファンドを当社でも実現されるために
2019年に不動産特定共同事業免許(愛知県第6号)を
取得しました。

愛知県の市場

人口も住宅着工数も右肩上がりに増加

日本の総人口が減る中、愛知県はそれとは逆に増加傾向にあります。人口増加に伴い、その分住宅が必要になるため、住宅着工数も年々増加しています。
また、愛知県は製造業の割合が多く、そこで働く従業員数や求人も多くなっている傾向にあります。

愛知県人口推移
愛知県住宅着工統計

「森林再生」は愛知県下の住宅(賃貸・戸建て)を組み入れます。

対象不動産は大手企業も採用している自社開発の住宅予測システム「勝率一番」により対象不動産の選定をしています。

「勝率一番」は数年間にわたって収集した全国約300万件以上の分譲戸建て住宅販売動向をベースに、景気動向などの数値を加味することで、高確度な販売予測の算出を実現した独自システムです。大手都市銀行、大手不動産会社にも情報を提供しています。

さらに

TSONは情報提供だけではなく戸建て約500棟の販売実績 これらの強みを「森林再生」に活かしています

でも・・・

  • 不動産投資をよく知らないので怖い…
  • 不動産投資って高いんでしょ…
  • 収入になるけどリスクもあるんでしょ?
  • 株式やFXと一緒でリスクが高いのでは?
  • 不動産の管理で結局手間と出費が…
  • 長期間の投資は心配

不動産投資についてこのような不安をお持ちではありませんか?

ご安心ください!

「森林再生」なら4つのメリットで安心・安全な不動産投資をお約束

メリット1 1口100万円からの不動産投資が可能

実物不動産投資は物件を所有することが通常であり、投資の実行には多額の資金が必要ですが、「森林再生」はお客様と当社が共に投資するので1口100万円からの少額資金で運用が可能となります。

メリット2 物件管理は一切不要

実物不動産を所有した場合、煩雑な管理が伴います。「森林再生」は、管理・売却も当社が対応しますので、手間なく不動産投資に参加することができます

メリット3 景気に左右されにくい投資

株などは経済市況や景気により日々取引価額が変動いたします。「森林再生」は、短期での対象不動産の売却を目的にしておりますので比較的景気に左右されにくい投資です

メリット4 優先劣後システムでリスク軽減

お客様からの出資金は出資総額の80%までとして「優先出資」とします。残る20%を事業者である株式会社TSONが「劣後出資」を行います。対象不動産の評価額が下落した場合でも、下落率が20%以内であればお客様の出資元本への影響はありません

つまり

優先劣後システムとはお客様の元本の安全性を優先的に守る仕組みです

このような場合でも優先出資のお客様の元本は毀損すること無く返還されます。

優先劣後システムのイメージ

少額の投資から始めたい方老後資金の準備を始めたい方にピッタリな不動産ファンド商品です。

森林再生の対象商品について

「森林再生」はまちに森をつくる

木造住宅は大気中のCO2を軽減し、環境を整える街中の森。標準的な住宅1棟分のCO2炭素貯蔵量は森林400㎡に匹敵すると言われます。「森林再生」ではさらに国産材を活用することで、安定した木材需要を生み出し、衰退しつつある林業をサポートして日本の森林再生に貢献します。

木の家は都市の森林

木の家づくりを通じて炭素貯留効果によりCO2低減に貢献します。

国産材を積極的に活用

国産材を活用することで日本の林業と森の再生に大きな貢献します。

電力自給と脱炭素社会へ

大容量太陽光発電パネルを搭載し、電力自給と脱炭素社会に取り組みます。

自然素材で地盤改良

環境汚染を起こさず100%リサイクル可能な自然素材を活用した地盤改良。

「森林再生」はまちを守り続ける

温かく穏やかな人と人のつながりは、街のコミュニティをつくる基盤。地域の無形資産であり、安全を守る最大の武器ともなるものです。「森林再生」は、地域に根付いて暮らすファミリーたちを応援することで環境を大切に守る心を育み、地域全体の価値を高めていきます。

対象不動産は社会環境に貢献する住宅を選定しています。

資料のご請求から

ご契約成立までの流れ

STEP01 資料のご請求

販売中の商品パンフレット・出資お申し込み書等をお送りいたします。ご不明な点やご質問については、お気軽にお問い合わせください。個別相談も受け付けております。

STEP02 出資契約のお申込み

資料に同封されている申込書に記入していただき弊社へご返送ください。
※申込書と合わせて身分証の写しが必要になります。

STEP03 ご契約の手続き

お申込書類が確認できましたら、「契約成立前書面(重要事項説明書)」及び「「匿名組合契約約款」等をお送りいたします。

STEP04 ご契約書の送付

ご契約書類に署名・ご捺印いただき、ご返送下さい。ご返送後に出資金をご入金ください。
(振込手数料はお客様負担となります)

STEP05 ご契約の成立

出資金のお振込完了にて契約成立となります。入金確認後に「契約成立前書面(重要事項説明書)」を発行します。

気になる疑問にお答え!

「森林再生」よくある質問 Q&A

不動産特定共同事業について

不動産特定共同事業法に基づく事業とはどういうものですか?
不動産特定共同事業とは、投資家から出資を受けて不動産取引を行い、その収益を分配するという事業の仕組みを定めた法律で、その法律に基づき事業を行います。複数の投資家がお金を出し合って、ファンドの形態で現物の不動産に投資し、その不動産から生まれる運用収益を分配するスキームです。

「森林再生」の仕組み(売却型の場合)

複数のお客様から出資を募り、その資金をもって、TSONが不動産を取得し、その不動産を売却した利益を出資額に応じて分配するシステムです。お客様とTSONとの関係は匿名組合契約となります。

不動産小口化商品の契約類型について
匿名組合型/投資家と事業者との間で匿名組合契約を結んで事業を行います。各投資家が匿名組合員、不動産特定共同事業者が営業者となって匿名組合を作ります。事業者は保有している不動産の管理運営を行い、運用で得た収益を投資家の方へ分配します。
任意組合型/投資家と事業者との間で任意組合契約を結んで事業を行います。各投資家は不動産の共有持分を購入し、その購入した不動産の共有持分を組合に現物出資します。事業者は組合の代表として不動産の管理運営を行い、運用で得た収益を投資家の方へ分配します。
J-REITとの違いは何ですか?
J-REITは市場でいつでも取引ができるため、換金性が高い点では投資しやすい仕組みとなっています。その反面、価格が日々変動し、市場環境によっては時価が大きく乖離する可能性があります。当社の商品は、実際の不動産を売却し、出資金を償還することを前提にしているため自由に換金することができません。しかし、設定価格は十分なマーケティング調査に基づいて設定されており、その点では比較的景気に左右されにくい商品設計となっています。

※1 対象不動産全部の売却が1年以内に完了した場合、その時点で契約が終了します。また、1年後に対象不動産全部の売却が完了しなかった場合、運用期間を延長することがあります。

ご質問・ご相談など不明点がございましたら
お気軽にお問い合わせください

052-380-0875 営業時間/10:00~17:00(定休日/土・日・祝・年末年始)

TSONの「森林再生」について
詳しい資料をお送りいたします。

資料請求・お問い合わせ