あなたの土地貸して下さい 愛知県 ・ 岐阜県 ・ 東京都 ・ 埼玉県 ・ 神奈川県 ・ 千葉県 不動産小口化商品用の借地を探しています

延敷きの敷地、勾配地、住宅街でも可能 空き家があっても大丈夫 ロードサイドでも大丈夫 空きの多い駐車場 工場の空きスペースの有効利用

TSONではお借りした土地に、
対象不動産を建築し、
自社で不動産小口化商品として
運用していきます。

※ 運用後は再運用もしくは売却いたします。

定期借地だから! 50年間毎月地代収入 50年後更地で返却

借地を活用する TSONが運用する不動産特定共同事業実と借地代例

  • SMART FUND 2号 東京都日野市土地面積341.87㎡(103.42坪) 借地代455,000円/月
  • SMART FUND 3号 愛知県江南市土地面積327.00㎡(98.92坪) 借地代30,000円/月
  • SMART FUND 4号 板橋区小竹向原土地面積181.00㎡(57.75坪) 借地代240,000円/月

借地で行う理由

不動産投資物件の場合、通常は土地代金+建物代金となります。この場合、土地にかかった費用には収益がありません。しかし、TSONの土地を持たない収益重視型は土地が借地(定期借地権)となりますので、土地の投資額は借地代だけになります。そのため、収益をもたらす建物代に多くを投資することができますので高い収益を実現することができます。

空き地のままだともったいないなぁ 今の空き地を貸すとどれくらいで貸せるかな 電話は手間だし簡単に査定してほしい

そんな時は 無料借地代査定!

全て無料&ネットで完結 電話営業・訪問営業いたしません 費用等は一切かかりません

無料借地代査定フォーム

下記フォームに必要事項をご記入の上送信してください。折返しご連絡差し上げます。
印は入力必須項目です。

査定希望住所

「査定希望住所」は正確に入力をお願いします。正確に入力されない場合、借地代査定が出来かねます。

お名前
例)東新 太郎
メールアドレス
例)sample@co.jp
電話番号(任意)
例)012-345-6789
お問い合わせ等

予め「個人情報保護方針」をお読みいただき、同意の上、お申込みください。

個人情報保護方針について同意する

フォーム送信後、自動返信メールを送信しています。もしメールが届かない場合は以下の点をご確認ください。

  1. 迷惑メール(スパム)フォルダのほうもご確認ください。
  2. メールアドレスに間違いがないかご確認ください。
  3. 迷惑メール設定をご確認ください。
    docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等でドメイン指定受信を設定されている場合、メールが届かないことがございます。「tson.co.jp」のドメインを受信できるように設定をお願いいたします。

定期借地権のメリット

土地を貸すだけだから
リスクゼロ、手間ゼロ、投資費用ゼロで
毎月の収入と節税効果

  • 01 長期安定借地代収入
  • 02 確実に更地返却
  • 03 自己資金不要
  • 04 固定資産税83%OFF
  • 05 都市計画税66%OFF
  • 06 相続時評価最大40%OFF

定期借地権とは

定期借地権とは、借地借家法により規定される借地権(他人の土地を借りて自己所有の建物を建てられる権利)です。通常の借地権は建物が土地の上に存在している場合、契約は更新されることが原則となっているなど、借主にとって有利な扱いとなっています。
ところが、定期借地権においてはそれらの規定を排除することが認められており、通常の賃借権に比べて借主にとって不利な一面があります。しかしながら、定期借地権は利用次第で借主にとって有利となる借地権です。

定期借地権の種類

定期借地権は合計で3種類存在します。3種類の定期借地権はそれぞれ異なる特徴を持っていて、目的に合わせてどの定期借地権を利用するかよく考える必要があります。定期借地権を目的に応じて使い分けるためにも、それぞれの特徴についてもよく理解しておきましょう。

●一般定期借地権

一般定期借地権とは50年以上もの長期間にわたり、土地を利用することのできる借地権です。契約の更新や延長、建物の買い取り請求権がなく、契約の終了時には土地を更地に戻したうえで、貸主へ返還しなければなりません。
契約の延長や更新はないものの、新たに一般定期借地権を結びなおすことは可能となっています。一般定期借地権には利用目的の制限が存在しません。そのため、事業用や居住用など、建物の使用目的に左右されずに利用することができます。
重要な注意点として、一般定期借地権は書面によって契約しなければならないという点があります。書面によらず契約した一般定期借地権の契約は無効となります。通常の賃借権の契約は口頭でも有効であるため、その違いについて比較して覚えておいてください。

●事業用定期借地権

専ら事業の用に供する建物の所有を目的とする借地権です。事業の用に供する目的に限られるため、居住用の建物を所有する目的には使用することができません。また、一般定期借地権と異なり、公正証書によって契約しなければなりません。公正証書によらずにした契約は無効となります。
存続期間は10年以上50年未満の期間となります。その中でも存続期間が10年以上30年未満の場合と30年以上50年未満の場合で内容が少々異なります。

10年以上30年未満の存続期間を定めた場合

存続期間を10年以上30年未満と定めて契約した場合、一般の定期借地権同様に契約の更新や建物買い取り請求権がなく、契約の終了時には土地を更地にして返還しなければなりません。

30年以上50年未満の存続期間を定めた場合

こちらの場合は10年以上30年未満の期間を定めて契約した場合と異なり、契約の更新と建物買い取り請求権が存在します。これらの規定を排除するためにはそれを認めないという特約を付する必要があります。

●建物譲渡特約付借地権

建物譲渡特約付借地権とは、契約の期間が満了した際、土地の上に存在する建物を貸主に売却するという特約の付された借地権です。契約の期間が満了した時点で当然に借地権が消滅し、それと同時に建物の所有権が貸主へ移転します。
ところが、賃借人が引き続き建物の使用を請求した場合、今度は建物の賃借人として保護されることとなります。この場合、賃借人から請求のあった時点で、建物について期間の定めのない賃貸借契約が成立したものとみなされます。
建物譲渡特約付借地権には使用目的による制限はありませんが、公正証書によって契約をしなければ成立しないことに注意してください。公正証書以外の書面や、口頭での契約では成立しません。

お気軽にご相談・お問い合わせください!